品質管理

Quality Control

食品安全方針

1:私たちは、安全で安心できる、高い品質の商品を提供し社会貢献いたします。

2:私たちは、食品安全目標を設定し、全従業員の参画でその使命を果たします。

3:私たちは、食品安全マネジメントシステムの有効性を継続的に改善いたします。

食品に関する認証取得

食品の安全の国際規格であるFSSC22000及びISO22000を認証取得しました(本社工場)。FSSC22000はオランダの食品安全認証財団が開発した食品安全についての国際規格であるISO22000に、フードディフェンス等を盛り込んだ一般衛生管理の具体的な手法が追加されています。
製造工程だけでなく、科学的かつ体系的に分析された管理手法で、原材料受入から出荷・運送にいたるまで管理を行い、お客様に安全な食品を提供いたします。

FSSC22000審査登録証 JAB JMA

クオリティファーストの
一貫した品質管理体制

企画

お客様や市場のニーズに沿った、安全でおいしい商品を企画します。

  • 日々変化する市場のトレンドやニーズを察知し、お客様に近い営業担当も企画チームに携わることにより、お客様目線の商品を企画します。

開発/研究

お客様へ安全でよりおいしく、より簡便な商品をお届けするために、日々開発や研究を行っています。

  • お客様に安全と安心をお届けするために、各部門と連携し、安全が確認できた原料を用いて商品の設計開発を行います。また設計どおりの品質の確保ができているか、工場でのテストを重ねて製造条件を設定しています。さらにお客様が使用される調理器具と同種のものを用いてテストし、安全かつおいしく仕上がる調理条件を設定しています。例えばご家庭用商品についての炊飯調理では、さまざまなメーカー・機種の炊飯器や土鍋や圧力鍋でテストを行い、加水量や注意表示等に反映させています。

  • 食品表示に関する法律の改正に合わせ、法律を順守した表示を適切に作成し、お客様に安心して商品を選んでいただけるよう日々取り組んでいます。特に食物アレルギー物質の表示は、表示義務のある特定原材料だけでなく、表示が推奨されている特定原材料に準ずるものを含めたすべてを表示し、食物アレルギーをお持ちの方に配慮しています。また、調理法においては文章だけでなくイラストを用いることで、よりわかりやすく表示することを心掛けています。

  • 大学や国の研究機関と連携し、お米の食味などに関する基礎研究を40年以上行っています。

購買/原材料

安全で高品質な製品をお客様にお届けするため、当社の品質基準をもとに厳しいチェックをクリアし、安全が確認できた原料を使用しています。

  • 原料は明確なトレーサビリティのもと、規格に適合するものだけを使用しています。購入した原料は受け入れ検査と必要に応じて抜き取り検査も行っています。また定期的に原材料の品質確認・見直しや仕入れ先への監査を行い、より高い品質の原料を選定しています。

  • 新しい原料調達先に関しては、工場監査を行い、安全な原料の供給が受けられる取引先を選定しています。原材料供給元の皆様に原材料情報の大切さをご理解いただき、産地・規格・成分・アレルゲン・遺伝子組換え等の原材料情報をご提出いただくことで、情報を管理し、最終製品に表示する内容を確実に仕上げています。

  • お客様にお届けする商品について、原料原産地をお客様相談室やホームページ、商談時の資料等でご確認いただけるようにしています。

  • 米トレーサビリティ法に準じて、お米、米加工品に問題が発生した際に流通ルートを速やかに特定するため、生産から販売・提供までの各段階を通じ、取引等の記録を作成・保存しています。

  • 国で定められた法律に加え、当社基準の食品添加物使用禁止リストに基づいて食品添加物のチェックを行い、基準に沿わないものは使用していません。

製造

FSSC22000、ISO22000を認証取得し、そのマネジメントシステムに基づき、安全で高品質な製品を安定して生産するため、原料受入れから調理・包装までの全ての工程において、ハード・ソフトの両面からチェックを行い、徹底した生産工程の管理を行っています。認証取得後も継続的にシステムの維持・管理・改善を行い、食品の安全性とその信頼性の一層の向上を目指しています。

  • 5Sの徹底により、常に清潔で整理された作業環境で製造しています。工場では定期的に互いの工場のチェックをしあうことで、常に意識を高め、改善をしています。また、拭き取り検査による清掃状況の確認及び落下菌検査による環境の清潔度評価の、当社基準に沿った定期チェックを行っています。

  • 全工場にセキュリティシステムを設け、関係者以外の立ち入りはできない構造になっています。また、日常の入退室には、徹底した教育と指導を施し、お客様に安心して召しあがっていただくための食品安全対策を完備しています。さらに、製造現場で働く一人ひとりの従業員が、自分が安全を守るという意識を持って行動する様、風土作りに努めています。

  • 製造の記録・管理を行い、原料から商品出荷までのトレースができる体制を整えています。米袋に印字されたLOT番号により使用した米の産地や情報が確認可能であり、その他の使用原料についても、入荷日や賞味期限から確認可能な管理体制を築いています。

検査

品質保証の考え方をもとに検査を実施しています。

  • 細菌検査、官能検査、水分測定などを行います。

  • 各工場の重要管理点(CCP)の検証を行います。

保管/物流

保管~出荷まで、高い品質を保つための管理を徹底しています。

  • お客様の元へ安定した品質の商品をお届けするため、温度や衛生面がしっかりと管理された倉庫で保管しています。

  • 運送会社と定期的に打合せを行い、トラブル対策や日々変化する物流状況を共有することにより、高品質な商品を正確にお届け​できる体制づくりをしています。

  • 様々な協力会社との取り組みにより、社外を活用した「物流拠点」の強化をすすめ、お客様に安定した品質の商品をいち早くお届けする体制を構築しています。

お客様とのコミュニケーション

お客様との日々のコミュニケーションの中でいただいた「お客様の声」を当社の商品開発、サービスの改善や向上に活かしています。

  • お客様からいただいた商品に関するご意見や安全情報、トレンドや他社情報を全社で共有し、商品企画や製品品質の向上に努めています。

  • お客様やお取引様に安心して製品をお使いいただくため、必要な情報を正しくわかりやすく提供することを心がけています。

  • お問い合わせいただいた商品やサービスの情報を正確にお答えします。

  • 食品表示に関する法律の改正に合わせ、法律を順守した表示を適切に作成し、お客様に安心して商品を選んでいただけるよう日々取り組んでいます。特に食物アレルギー物質の表示は、表示義務のある物質名だけでなく特定原材料のすべてを表示し、食物アレルギーをお持ちの方に配慮しています。また、ご家庭用商品においては調理法を文章だけでなく、イラストを用いることでよりわかりやすく表示することを心掛けています。

基盤

従業員教育/研修

  • ◎ ⼯場のOJT教育(業務を通じた教育)
  • ◎ 工場の新規採用者教育
  • ◎ 社内コミュニケーション
  • ◎ ISO/FSSCの勉強会
  • ◎ 食物アレルギーの勉強会

フードディフェンス(食品防御)

  • ◎ 社屋・工場へのセキュリティシステムによる入場制限
  • ◎ 駐車場での車両許可証の掲示
  • ◎ 機械装置や道具の定位置管理
  • ◎ 薬剤の管理
  • ◎ 従業員の健康管理
  • ◎ トレーサビリティの管理