丹波大納言小豆のお赤飯の道明寺餅

丹波大納言小豆の赤飯の道明寺餅
調理例

 おすすめポイント

自然な色合いと、モチっとした丹波大納言小豆のお赤飯の特長を生かした道明寺餅です。落ち着いた薄紅色が、良い風合いを出してくれます。
作り方もとっても簡単なので、おやつはもちろん、春のお花見シーズンにもおすすめです。今回は小豆を入れずに作ってみましたが、お好みで小豆を入れてくださいね。

調理時間:20分
材料:2〜4人分

  • ◆ 丹波大納言小豆のお赤飯の道明寺餅材料
  • 丹波大納言小豆のお赤飯1箱
  • こしあん180~240g
  • A 砂糖大さじ1
  • A少々
  • 桜の葉の塩漬け適量
  • 桜の花の塩漬け(お好みで)適量
  • ◆ 丹波大納言小豆のお赤飯の道明寺餅作り方
  • 準備.

    丹波大納言小豆のお赤飯は、箱の表示通りに炊飯しておく(小豆はお好みで入れてください)

  • 1.

    こしあんは15g~20gに分け、ボール状に丸めておく。

  • 2.

    桜の葉の塩漬け、桜の花の塩漬けは水で洗って塩抜きをして、水気を良く拭く。

  • 3.

    炊きあがった丹波大納言小豆のお赤飯に、A を加えて混ぜながら軽くつぶし、あら熱を取る。(お赤飯はつぶし過ぎず、米粒感を残してください)

  • 4.

    【3】を12等分に分け、手水をしながら丸め、【2】のこしあんを包んで、楕円型に成形して【2】の桜の葉で包む。お好みで桜の花の塩漬けをあしらう。

使用商品:丹波大納言小豆のお赤飯

昔ながらのお赤飯を気軽に手軽に食卓へ
「すぐ炊けるお米」入りの「すぐに炊けるお赤飯」

粒が大きく甘味があり、小豆の高級品種といわれる「丹波大納言小豆」と、100%国産のもち米を独自の技術により加工した「すぐ炊けるお米」入りです。
洗米・つけ置きが不要で、本来手間のかかるお赤飯がご家庭の炊飯器を使って短時間で簡単に召しあがっていただけます。ホクホクの自然な甘みの小豆と、ふっくらもっちりのお米の食感が絶妙です。
炊き立てほかほかのお赤飯をぜひどうぞ。

一覧ページへ戻る