アルファー食品株式会社

安心・安全への取り組み

食品に関する認証取得


FSSC22000審査証明書

食品の安全の国際規格であるFSSC (食品安全マネジメントシステム22000(Version4.1)及びISO22000:2005を認証取得しました。FSSC22000はオランダの食品安全認証財団が開発した食品安全についての国際規格であるISO 22000に、フードディフェンス等を盛り込んだ一般衛生管理の具体的な手法が追加されています。

お客様に安全な製品を提供するために、製造工程だけでなく、科学的かつ体系的に分析された管理手法で、原材料受入から出荷・運送にいたるまでのまで管理を行い、お客様に安全な食品を提供いたします。


認証範囲:非常食(アルファ化米
レトルト米飯等)の開発及び製造

徹底した品質管理

アルファー食品は敷地内に9つの工場を有しておりますが、HACCPの考えを取り入れることで、原料の受入管理、施設・設備の衛生管理、機械・器具類の衛生管理、従業員の衛生管理、教育訓練等、食品衛生管理にかかわる総合的な基準を設定し、運用しています。

さらに、より安全・安心をお届けするため、アレルギー対応商品については特定原材料等(アレルギー物質)27品目の食物アレルゲンを使わない、持ち込まない、専用工場にて製造しています。この商品については表示義務7品目のアレルギーチェックを加工後のお米と具材の各々行い、問題のないものを製品化。さらにこの製品を再チェックするダブル管理体制を実施しております。

専用工場以外でも工場内の微生物的・理化学的衛生環境の検証を行い、アレルギー物質を含む原材料の混入(コンタミネーション)が起こらないよう洗浄、識別管理等を徹底して行い、コンタミネーション防止に向け日々取り組んでいます。洗浄の妥当性を評価確認するため、定期的にアレルギーの残留検査も実施しています。

工場での取り組み

工場での取り組み

  • ローラー掛け

    ローラー掛け
    粘着ローラーによる
    作業着の義務付け

  • タイマー

    タイマー
    手洗いとローラー掛けを
    決められた時間確実に
    行う為にタイマーを設置

  • エアシャワー

    エアシャワー
    全身の付着物除去の
    ためのエアシャワー

  • 長靴洗浄

    長靴洗浄
    工場から出る際は
    洗浄し常に清潔を保つ

一連の手順を規定時間経由しなければ工場へ入ることができないシステムを設けることで、お客様に安心してお召しあがりいただける商品を製造しています。

原料原産地

原料原産地

アルファー食品では、原料の段階から原産地に赴き、その味や色彩も確認しています。また、お客様にお届けする商品については、原料原産地をお客様相談室やホームページでご確認いただけるよう体制を整えています。

長期保存アルファ化米(安心米・災害用)の原料原産地一覧はこちら(PDF)

店頭販売商品の原料原産地一覧はこちら(PDF)

※オンラインショップ販売商品の原料原産地は、オンラインショップ内各商品ページよりご確認ください。

正確な情報提供

食品表示に関する関係の法律の改正が頻繁かつ複雑な今、お客様に正確な情報を伝えるための専門チームを編成し対応しています。関連法規を順守した表示をスピーディーに作成し、お客様に安心して商品を選んでいただけるよう日々取り組んでいます。

放射能・残留農薬対策

アルファー食品では、製品原料を選ぶにあたって、放射能汚染や残留農薬の調査を徹底しています。全国農協の協力のもとに、担当者が産地に定期的に足を運んで現地確認。原料の段階から厳しいチェックを行っています。
また、製造した商品も定期的に検査機関に依頼し、放射能や残留農薬を検査しています。