アルファー食品株式会社

お赤飯

お赤飯

お赤飯想いNo.1

なぜ、お赤飯をお祝の席で食べるようになったの?

お赤飯文化の継承

アルファー食品の主力商品は「お赤飯」です。お祝いの時に「お赤飯」を食べるのは、大事な日本の食文化です。

私たちは「お赤飯」という伝統文化をもう一度考えるために、一般社団法人 赤飯文化啓発協会を立ち上げ、11月23日を「お赤飯の日」として、啓蒙活動を行っています。お食い初めから始まり、七五三、成人式と人生の節目や、お盆・お彼岸などの行事にも私たちの「お赤飯」を活用していただきたく、ご家庭向け、量販店様向けの商品をこれからもお赤飯想いNo.1を自負し、真心をこめて作り続けます。

ここでは昔から伝わる、お赤飯をご紹介します。

お赤飯が登場する行事

●帯祝い ●出産祝い ●誕生祝い ●初節句

●お食い初め … 生後100日目か120日目を迎えると行います。お食い初めの献立は赤飯、鯛などの尾頭付きの焼き魚、煮物、なます、汁などの一汁三菜が基本です。

●七五三 … 男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳に11月15日を吉例としてお祝いします。昔は男女とも3歳になるとはじめて髪を伸ばすので「髪置祝」と言ったそうです。

●入学・卒業祝い ●就職祝い ●成人祝い ●上棟式賀の祝い ●還暦祝い(60歳)

●古稀祝い(70歳) ●喜寿祝い(77歳) ●米寿祝い(88歳) ●白寿祝い(99歳)

お赤飯の歴史

いつごろから食べられるようになったの?

ルーツは古く平安中期の「枕草子」にあずき粥として赤飯の原形が書かれています。祝儀用となったのは室町時代で、江戸時代後期には一般庶民のハレの日の食卓にまで広まったのです。

どういう時に食べられていたの?

鎌倉時代後期の宮中の献立を記した「厨事類記」には、3月3日上巳の節供、5月5日端午の節供、9月9日重陽の節供など、季節の節目に食べた行事食だという記録があります。
民間で食べられるようになってからは、身近な祝い事の行事に食べられるようになったようです。地方によっては仏事にお赤飯を食べて凶を返して福とする縁起直しをするところもあるようです。

なぜ、お赤飯をお祝の席で食べるようになったの?

その赤い色に秘密があるのです。
昔は赤という色には呪力があって、災いを避ける力があると信じられていました。魔除けの意味を込めて、祝いの席でふるまわれるようになったのです。

赤い色に秘められた「あずきパワー」

赤い色に秘められた「あずきパワー」

お赤飯の赤い色はあずきの色なの?

あずきを煮ると、煮汁が赤く色づきます。
その煮汁をもち米に吸収させて蒸すので、お米があずき色に染まるのです。
実はこの煮汁の中には、あずきのポリフェノールなど、体に嬉しい成分も含まれています。
その煮汁をもち米にしっかりと吸収させるお赤飯は、あずきの栄養分をあますところなくいただくことができる食べ方なのです。

南天の葉

お赤飯に添えられた「南天の葉」の意味

お赤飯に南天の葉を飾る理由はあるの?

“難(ナン)を転(テン)じる”という語呂合わせから、ナンテンは縁起の良い木と言われています。
南天の葉は防腐作用があるとされ、縁起や厄除けの意味合いの他に、安心・安全に対して先人の経験と知恵によって習慣化されたと考えられています。

お赤飯の作り方

昔ながらの作り方はどんな方法?

材料はもち米3カップとあずき1/2カップ(4人分)

  1. あずきはよく洗い3~4倍の水を加えて沸騰したら2~3分静かに煮立て、ゆでこぼします。
  2. 5~6倍の水を加えて沸騰したら弱火で15~20分煮ます。
  3. ゆでたあずきと煮汁に分けます。あずきは乾燥しないように鍋蓋かラップをしておきます。
  4. 研いで水切りしたもち米をあずきの煮汁に3時間つけます。
  5. もち米をざるにあけてあずきと混ぜ合わせます。残った煮汁に塩を少々入れます。
  6. あずきと混ぜ合わせたもち米をせいろまたは蒸し器で15~20分蒸します。
  7. 煮汁を打ち水としてかけ、へらで底の方からさっくりと混ぜます。
  8. さらに15~20分蒸して完成です。

アルファー食品の「おこわ」は、炊飯器でも本格的なおいしいお赤飯が作れます

炊飯器でもおいしく?

手作りのお赤飯の手法をとり入れた工程で作られたアルファー食品の「お赤飯」は、私たちの想いと技術により炊飯器でも本格的においしく炊きあがります。
簡単でおいしいお赤飯をどうぞ。