アルファー食品株式会社

アルファ化米とは

アルファ化米とは

「アルファ化米」と聞くと、なんだかとっても難しい化学変化をしたお米に感じたり、“非常食”のイメージを持たれる方が多いかもしれません。

「アルファ化米」とは一体どんなお米でしょう? 

答えは、炊いたり蒸したりしたお米を、熱風で急速に乾燥させておいしさを閉じ込めたお米です。実はこの乾燥させたアルファ化米は、生のお米から炊飯したご飯と同じデンプン構造をしているため、おいしさもそのままなんです。さらにアルファ化米の場合は洗米・つけ置きが必要無いので、通常のお米に比べてより早く楽に炊くことができます。

では、なぜ“アルファ化”って言うの? 

お米にはエネルギー源となるデンプンが含まれています。お米のデンプンには2種類あり、生のお米は水分が少ないため腐りにくいけれど食べても消化されにくい「β(ベータ)デンプン」、炊飯したご飯は体内で速やかに消化されるものの水分が高く腐りやすい「α(アルファ)デンプン」の状態です。

通常、炊飯したご飯を放置するとデンプンは生のお米の構造(βデンプン)に戻ろうとします。しかし、炊飯直後に熱風で急速に乾燥させることにより、デンプンはアルファ化の状態を保つので、アルファ化米と言われるようになりました。また、乾燥することで水分が少なくなり腐りにくい状態になっています。「加工食品」に分類されますが、おいしさはそのままの安全・安心・便利なお米なのです。

アルファ化米は生米とデンプンが違います。

アルファ化米の特長

  • 洗米、つけ置きの必要がない
  • 炊き込みご飯などの「味ごはん」の場合に味が染みやすい
  • 長期保存が可能
  • お米本来の美味しさが手軽に楽しめる

アルファ化米の製造工程